アクセスカウンタ    TOP掲示板プロフイールリンクサイトマップメール
FXで勝つ為に!最新の人気FXを徹底比較

FXの基礎知識はこれでばっちり! FX会社徹底比較

初心者も安心できるFX会社

DMM.com証券 取引高世界第2位!

 

DMM.com証券  

公式サイトはこちら

1分でわかるFXの仕組み!FXとは外貨と日本円の売買

FXとは外貨と日本円の売買

円安と円高の2択でシンプルに予想する

FXとは外国の通貨を売買して、利益を出す取引のことです。例えば「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。

円安で「1ドル=110円」になったら、手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円得をします。

逆に円高で「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。

このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。各通貨の値動きを予測して稼ぎますので、現在のように値動きが激しいときはチャンスになります。

また、正確にはFXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり「外国為替証拠金取引」を意味します。証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。

日本の銀行に日本円で預けるのではなく、日本のFX会社に外国通貨で保管しておくだけのわかりやすい仕組みです。

資金が乏しくても資産運用

100万円分の外貨も4万円で買える

先ほどの例で「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になったら、10万円が11万円になると紹介しましたが、米ドル/円が10円も変動するには、相当な時間を要するかもしれません。

確かに2012年12月24日〜2013年3月4日に82.389円から95.996円に一気に円安になりましたが、それはまれなケースです。

その前は1年間で10円も変動していません。それにも関わらず、1万円しか利益が出ないならFXの醍醐味に欠けてしまいます。

そこでFXでは「レバレッジ」と呼ばれる少しのお金で大きなお金を動かせる方法を採っています。レバレッジは資金を担保にして、その25倍までの金額の取引が行える仕組みです。

為替の世界では、日本時間の5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されると、7時にオーストラリアのシドニー市場、8時に日本の東京市場、9時に香港市場が開きます。

続いて、16時に世界1位の取引量を誇るイギリスのロンドン市場、21時にアメリカのニューヨーク市場となり、どの国も10時間程度は積極的な取引がされ続けます。

特に日本の会社員が在宅している22〜24時は、ロンドンとニューヨークといった大きな市場の商いが活発です。

このように24時間いつでも取引ができるので、仕込みや売買テクニックなども活かすことができ、デイトレードなどの短期売買がしやすいため、副業でも人気が集まっています。

東岳証券【FX,CFD】創立10周年、金貨プレゼント!

【FX】東岳証券|創立10周年キャンペーン  

 

公式サイトはこちら

金利の違いでも利益が発生

日本円で外貨を買うと金利差が貰える

日本の金利が0.1%でニュージーランドの金利が5.0%のときに、ニュージーランドドルを買ったとします。二国間の金利差は「5.0%−0.1%=4.9%」ですので、ニュージーランドの通貨を保有中はずっと4.9%もの金利が貰えます。

FX初心者の方は円高や円安を狙って利益を得るよりも、低金利の日本と諸外国の金利差を利用して、外貨を購入することから始めると、少ないリスクで経験を積めます。

この二国間の金利差を「スワップポイント」と呼び、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイントは毎日支払われるので、スワップポイントの利益のみを狙うスワップ派の人も多いです。

例えば、2013年2月時点で豪ドルを90万円ほど買えば、1日に約80円もの金利が受け取れます。これは1年間で29,200円にもなります。

例えば、50万円を証拠金としてFX会社に預け、レバレッジを20倍にして、1,000万円分の外貨を取引することもできます。その金額で米ドル/円が10円変動すると、±100万円の損益が発生し、その利益や損失だけが自分の口座に残るわけです。

レバレッジを高くすると、自分の持ち金よりも大きなトレードができるのでハイリターンハイリスクになります。そのため、FXの初心者は1〜5倍くらいで様子を見ることをおすすめします。

レバレッジはリスクが増えるのではなく、有効な仕組みです。始めは小額でトレードをして、勝率がアップしたり、自信があるときにだけ、レバレッジで売買単位を増やしましょう。

1日中24時間売買できるFX

帰宅後や深夜でも活発に取引できる

同じ金融商品である株式は9〜15時までが日本での売買時間となっていますが、FXは24時間取引が行われています。

会社員や自営業の方、育児で時間を割けない主婦でも、FXは世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。現在ではシステムトレードによる自動売買も盛んです。

同じ外貨を扱う外貨預金よりも格安

外貨預金の1/10以下の手数料

FXはとにかく手数料が安いです。これはすべての売買がシステム化されていて人件費がかからないことと、取り扱う金融商品が各国が発行する紙幣であり、換金や加工などのコストが不要でダイレクトに取引できるためです。

すでにシステム化されている株式や債券などの他の金融商品と比べても、手数料は1/2以下です。これは取引量が圧倒的に増えていて市場が大きいため、数の強さでコストが値下がっています。

同じ外貨投資でも人件費が高い銀行で取り扱っている外貨預金と比較すると、FXの手数料は1/10〜1/100以下になります。さらに万が一、利用中のFX会社が倒産などしても、預けている資金は100%戻ってくるので安全です。

グローバル資産形成学院のFXトレード実践講座なら安心!

 

FXで実際に稼いできた三人のプロトレーダーが独自の手法を公開するスペシャル講座  

 

資格合格者がお客様サポート!!東岳証券

東岳証券[FX,CFD]口座開設

 FX初心者が始めやすい|東岳証券

 

 公式サイトはこちら

 

 

項目 FX 外貨預金
手数料 1ドルで往復0.5〜2銭 主要銀行で往復1〜2円
ネット銀行でも往復50銭
安全性 信託保全が法律で義務化 ペイオフの対象外

もちろん、FXにもデメリットはあります。自分の予想に反して為替レートが動いたら損をします。この為替変動リスクに対しては株式投資と同じで、為替レートの値動きに逆らわず、トレンドに乗ることが王道です。

また「FXで大損した」という人がいますが、その理由はレバレッジを数十倍に上げすぎたことが原因です。FXでは100万円の資金があれば最高2,500万円分の取引ができるので、単純に「取引量が多くなる=損益も大きい」ことを意味します。

初めのうちは練習として取引単位を少なめに設定して、レバレッジを使わずに1倍のまま試してみましょう。利益が上がるようになってきたら、そこからFXのメリットを最大限に生かします。

FXは円安と円高のどちらで利益が得られるので、どのような局面でも売買が楽しめます。日本の低金利が有利に働き、レバレッジでリスク分散もできます。24時間トレードで融通も利き、手数料が格安です。この結果、FXは人気の金融商品に成長しました。

リスクを認識してから始める

利益だけではなく損失も想定しよう

期待した通貨が急激に下がったとしても、米ドル/円の場合は1日最大5円であり、1円でも注目されるくらいです。

仮に「1ドル=100円」のときに1円下がったら、割合としては1%に過ぎません。

リスクを認識してから始める

ただ、FXにはレバレッジがあります。レバレッジが数倍である限り、リスクも数倍です。短期で為替変動リスク、長期で金利変動リスクを背負い、レバレッジリスクが損失を大きくします。

もちろん、その分の見返りも大きいのですが、先ほどあげた3つのリスク以外にも、FXにはまだリスクが隠されています。

例えば「信用リスク」はFX会社が経営破綻した際に、預託している証拠金や利益が保全されない場合があります。

そのため、投資家が預けた保証金が、FX会社の資産と分けて管理する信託保全を選ぶとこのリスクは回避できます。現在ではFX会社の淘汰が進み、信託保全が義務化されましたし、資本力や親会社が強固な企業のみが残っていますので安心です。

FX会社ごとに約定能力の差がある

FXでは世界各国の取引所と売買をしますが、売買できる相手を検索して、マッチングする能力に業者間で差があります。

どのFX会社でも指定したレートで100%約定できるわけではなく、システムのスペック差により想定レートで決済できないことも珍しくありません。

さらに通貨ペアでもリスクが発生します。アラブ首長国連邦のアルブディルハム、リトアニアのリタス、カタールのリヤルなどの取引量が少ないマイナー通貨は、売買相手も少ないので約定しにくいです。

災害、テロ、暴動がその国で起きて、通貨の価値が急落しても誰も買ってくれない「流通量リスク」も存在します。

加えて、FX以外でも言えますが「電子取引リスク」も有名です。口座番号やパスワードが盗まれて、資金が悪用されたり、操作を間違えて、意図しない注文をすることもあります。実店舗がある金融機関とは違い、ネットではその確率が大きくなります。

FXには潜在的なリスクがあることを、FX初心者の方は損する前に認識しておき、対処法も知っておく必要があります。

経済に興味が湧いてくるFX

ギャンブルやゲームではなく知識が必要

FXとは一定額の証拠金を預けて、その1〜25倍もの外国為替を売買できる取引になります。通貨の価値を判断して、売りと買いが両方できるシンプルな仕組みです。

まるでルーレットの数字が各国を現し、チップの賭け方で倍率が変わるように思うかもしれません。

しかし「1ドル=100円」になったり、99円や101円に変わるのは、経済指標や政治情勢などの事象が原因です。

経済に興味が湧いてくるFX

そのため、FXはギャンブルではなく経済の知識が不可欠です。逆に言えば、しっかり基礎知識を勉強すれば、どんな局面でも稼ぐチャンスが生まれます。

また、FXでは価値がゼロになるリスクがないです。株式投資は購入した会社が倒産すると、ただの紙切れになり価値はなくなります。倒産しなくても、ストップ安になると買い手がいなく、売ることもできません。

しかし、FXは外国のお金を売買するので、そのお金の価値がゼロになることは、先進国だけではなく新興国の通貨でもまずありません。このおかげでFXは長期的な資産運用にも適しています。

短期売買と長期運用を兼ね備える金融商品

世界中でたくさん通貨が使用されており、アメリカの米ドルを始め、ヨーロッパの統一通貨であるユーロ、日本の円が売買高が多く、次にイギリスの英ポンド、オーストラリアの豪ドルが続きます。

マイナーな通貨であるイスラエルのシェケル、スロバキアのコルナ、メキシコのペソ、ラトビアのラトなども取引可能です。

各国の為替レートは人の心理も含めて、いくつかの変動する理由が存在します。例えば、トルコでテロが発生したにより治安が悪化するニュースが入ると、トルコリラの価値は急激に下がったりします

マーケットの変動に対して、上昇すると予測すれば買いポジション、下落すると予測すれば売りポジションを持ち、値動きを判断します。

ただ、FXにはスワップポイントなどの中長期で運用する方法もあり、深い知識を求めなくても利益を上げられることが多いです。

100万円を1年預けても100円しか利息が付かない銀行の普通預

金よりも、積極的な資産運用ができて、世界経済をしっかり意識

できるFXは「次世代の金融商品」と言えます。

外貨投資ならFXのほうがかなりお得

やはり、日本の金融機関は人件費が世界的にみても高いため、取り扱っている金融商品の手数料も高いです。一方、ネット上で完結するFXで手数料が下がることは、自然な仕組みでしょう。

また、銀行には安全なイメージがありますが、実は外貨預金は元本保証ではないですし、円安になればFXと同様に損をします。それに銀行が破綻したときに発動するペイオフの対象にも、外貨預金は含まれていません。

外貨預金がFXに勝るメリットはないです。FXで外貨を取引する人が増えた要因は、このようなメリットを享受したいためです。

初心者でもわかる!FX入門

プロでも正確な予想が難しいといわれる為替相場。そのFX市場でプロと一緒に取引を行うためには、まず最初にやることは、FXの仕組みやメリット、為替動向の要因などについて正しく理解すること。これからはじめる人はもちろん、もうはじめている人も、これさえ押さえれば大丈夫です。

いまさら聞けない!外国為替ってそもそもなんだ?

私たちが普段使っているお金は「円」です。しかし、アメリカの「ドル」やヨーロッパの「ユーロ」など、世界にはさまざまなお金の単位が存在します。例えば海外旅行に行くとなると、円をドルなど旅行先の国の通貨に替える必要があります。このお金とお金を交換することを「外国為替」といい、その時の交換レートを「外国為替レート」といいます。

外国為替を投資対象にするFX。外貨預金とどう違う?

ご存知の通り、FXはこの「外国為替」を投資対象にリターンをねらう投資方法です。外貨を用いる投資方法にはほかに「外貨預金」や「外貨MMF」があります。「外貨預金」との違いは、FXは信用取引や先物取引と同様の手法を用いることができる点です。

 トレイダーズ証券

業界最高水準の外為取引「みんなのFX」

 

 公式サイトはこちら

外為ジャパン

 公式サイトはこちら

FXに潜む3つのデメリット!初心者は事前に対処法を学ぼう

予想外の変動に伴う3つのデメリット

予想外の変動に伴う3つのデメリット

チェック1為替変動リスク

為替は24時間変動し、想定とは異なる値動きが起こりえます。保持している通貨の価値が下がれば、為替差による損失金が発生します。

価格の変動により期待している利益を得られない場合もありますが、投資の判断基準となるデータから情報を得ることで、ある程度の予測を立てることが可能です。

チェック2金利変動リスク

低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことで、通貨の金利差であるスワップポイントを受け取ることができますが、金利差は月単位で変動するために、極端に下がる場合もあります。

通貨ペア次第では逆にスワップポイントを支払うことになりますので、即時に決済に転じなければいけません。売買中のスワップポイントのレートを定期的に確認することが大切です。

チェック3レバレッジリスク

FXでは自己資金の数十倍以上の金額を取引できます。わずかな資金でも大きい利益を得られる可能性があると同時に、損失を出した場合は預けた証拠金以上の金額を支払わなくてはならないこともあります。

証拠金以上の資金が減ることを防ぐためにも、レバレッジを低く抑えながら、ロスカットやマージンコールなどのリスク管理によって損失を軽減することができます。

FX初心者の5つの利点!24時間スマホでトレード

レバレッジや割安な手数料など5つのメリット

レバレッジや割安な手数料など5つのメリット

FXには「スワップポイント、レバレッジ、24時間売買、格安の手数料、売りができる」の5つのメリットがあります。

チェック1スワップポイントでも利益が発生する

スワップポイントとは金利の安い国の通貨で高い国の通貨を買うと発生する金利差のことです。

低金利国の日本円だからできる収入であり、例えば、豪ドルなら2012年2月20日時点で1万通貨あたりで83円のスワップポイントが貰えます。

チェック2レバレッジで元金以上の売買ができる

レバレッジを活用して、少ない資金でも大きな取引ができます。例えば、手元に10万円しかなくても、レバレッジを25倍にすると、250万円分の資金で外貨を購入できます。

チェック324時間のいつでも売買が可能

世界1位の取引量のロンドン市場が日本時間の16〜翌3時、世界2位の取引量のニューヨーク市場は日本時間の21〜翌6時、世界3位の東京は8〜18時、その他にも世界各国で取引されています。

働く会社員、忙しい主婦、勉強中の学生でも、ネットで簡単に時間を気にせずに売買できます。

チェック4他の金融商品より手数料が格安

株を100万円分購入したときの手数料は高くても500〜1,000円程度です。FXでは「100万円=10,000ドル」に換算した場合、手数料は無料でスプレッドが100円以下だけというFX会社も珍しくありません。

チェック5株の現物投資と異なり、売りができる

買いではなく売りから始めることもできます。もし「ドルが安くなる」と予測したときは、ドルを売りたいのですが、手元にドルはありません。それでもFXではドル/円の通貨ペアを売ることが可能です。

同時に「ユーロは高くなる」と予測すれば、ユーロ/米ドルを購入することで、ドルを売って、ユーロを買うことになります。

外貨預金とFXならどっち?外貨預金は手数料を取りすぎ

外貨預金のデメリットは大きな手数料

外貨預金のデメリットは大きな手数料

外貨預金もFXと同じ外国為替を購入する投資です。信用力を武器に銀行で大々的に販売されていますが、実はあまり賢くない金融商品になります。

理由はシンプルに手数料が高いからです。仮に予測が当たって円高で得をしても、銀行がゴッソリ手数料を持っていってしまうので、FXをしていると損をする感覚さえあります。

外貨預金とFXの違いを比べてもFXのほうが得です。それにも関わらず、今でも銀行で外貨預金を販売している理由は、ネット利用者以外の需要があるからです。

 

p

p