アクセスカウンタ    top掲示板プロフイールリンクサイトマップメール
ppppp

太陽光発電で売電収入を得ることは副業に当たるのか?

2013年太陽光発電を投資として購入するサラリーマンが激増しました。 それは、太陽光発電による投資が、以下のようにメリットが大きくて、あまりに優遇されすぎているという理由で2014年には社会問題化したくらいです。爆発的に増えたため九州電力や四国電力、北海道電力、東北電力、沖縄電力は、電力網の能力が対応しきれない想定となり、一時新規受付をストップしたのです。それだけ多くの産業用太陽光発電が日々建設されているわけです。それはそのはず、次のメリットを見たら他の投資とは比べ物にならないくらい安心、安全かつ高利回りな投資だということがわかるでしょう。

太陽光発電を投資として導入するメリット

利回りが高い(年利10%程度)
2.リスクが低い(全量買取制度による国の保証)
3.太陽光パネルの半永久的な構造
4.導入価格が安価になっている

5.場合によっては国と地方自治体からの助成をえられる 6.製品自体のメーカー保証の手厚さ

※2012年7月の全量買取制度の実施により、太陽光発電によって作られた電力は、固定価格で売電されることが保証されています。期間は家庭用では10年間、10kW以上の産業用では20年間です。2012年度には税込み42円/kWh、2013年度には税込み38円/kWh(産業用は37.8円/kWh)の価格、2014年度は住宅用が37円/kW税込み、産業用32円/kW税別と年々下がっていますが、それでも新規参入者は後を絶ちません。 国からの導入時の補助金(太陽光発電導入支援補助金)は、2013年度で終了しました。

もっともメリットが大きかったのは2012年度でしたが、まだあまり認知されていなかったことから、2013年度に突入して参入するサラリーマンが増えました。2014年度はさらにその裾野は広がり、そして2014年9月の九電ショックで一旦抑えられる格好ですが、まだ新規受付しているエリアに投資は拡大しています。当然できるだけ安くできるだけたくさん導入したいというのが人情ですが、設置するには規模に応じて遊休土地か屋根が必要になるため、投資できる人が限られているのが現状です。

太陽光発電は副業になるのか気にする人が増えてきています。

そんな2013年が過ぎて、すでに売電収入を得ている人がたくさんいます。 そこで多くの人が気にし始めたのが、太陽光発電を導入して売電収入を得ることは、副業に当たるのではないかということです。公務員はもちろん、太陽光発電投資に参入することができるくらいのある程度の所得に余力がある大手企業のサラリーマンの多くが、勤務先から副業を禁止されています。2013年が終わって2014年に入り、2014年が終わって2015年がはじまると、年末調整や確定申告の時期を控えて、気になる人が多くなるのは、当然のことのように思います。

太陽光発電による売電収入は、副業ではありません。

結論からお伝えしますと、仮に産業用太陽光発電に参入していたとしても、副業には当たりません。他の投資とも比較して考えてみてください。 たとえば、不動産投資。副業が禁止されているサラリーマンや公務員でもたくさんの人が投資用不動産を購入して、毎年確定申告をしています。たとえば、株や国債などの有価証券やファンドなどの投資信託も同様です。これらは、

すべて副業ではなく「資産運用」であり、「投資」です。

太陽光発電についても同様のことが言えます。当然、一定以上の規模で導入して一定以上の売電収入を得るようであれば、確定申告をする必要はありますが、その規模がいくら高額になろうとも「当人」が業をしなければ、副業とみなされることはありません。

当然、太陽光発電を導入するためには、現地を見たり業者と打ち合わせしたり、メンテナンスしたりする必要はありますが、すべて休日に済ますことができる範囲ですし、サラリーマンの方の本業にまったく影響することはありません。むしろ、株や先物取引のほうが精神的に本業に悪影響を及ぼすと言ってよいでしょう。

※ただし、メガソーラーを運営するとなると非常に規模が大きくなり、電気保安主任者を雇うようなことも想定されるようになります。そういった場合、従業者が出てくるわけなので、純粋の投資から事業というふうにみなされ方が変わってくる恐れもあります。また、リターンとして得られる額も高額になることから、もし周囲の人が知ることとなった場合は、非難を受ける可能性はあることを覚悟しておいてください。ただ、論理的にいって親から譲り受けた一棟マンションを所有していて、管理人さんを雇っているのとメガソーラーを運営するのとでは、性質的にはそんなに変わらないということができるでしょう。どうしても不安な方は、配偶者様や親御さん名義で運営するのも一つではないでしょうか?

太陽光発電を投資として考えた場合には、2つの方法があります。

チェック10kW以上の設備を導入して本格的に導入する。

チェック10KW未満の設備を導入して通常の家庭用として導入する。
上の二つの違いは、以下です。

チェック事業なのか、事業でないのか。10kW以上は事業ということができます。

チェック10kW以上の全量買取か、未満の余剰買取か。 ※余剰買取とは、優先的に自家使用により消費されることを意味します。

チェック固定買取期間が10kW以上の20年か、未満の10年か。

太陽光発電の経済的な本質は投資です。

あなたは、投資と言われてどんなイメージを持ちますか? イチかバチか。 リスクが高い。 触らぬ神に祟りなし。 博打との違いがわからない。 うさんくさい。 お金の無駄。

日本人の多くの方が、投資に対してネガティブなイメージを持っています。 一方で、西洋では投資というのは、資産運用の一部として非常に広く根付いており、幅広い層の方が、銀行にお金を寝かしておくよりは、とさまざまな投資をしています。日本でも近年では、不動産投資や、ファンド、FXや株式など、さまざまな投資商品が販売され、少なからず目を向ける人は多くなっていますが、それでもバブルなどで手痛い思いをして、さらに投資をすることに対してネガティブなイメージを持つようになった人も多くいます。しかし、企業活動はそもそも広義の投資ということができ、さらに多くの方が預ける銀行預金にしても、結局のところは、銀行が投資してリターンを得るという活動に転換されているのです。そう考えると資本主義経済自体が投資を本質とする経済体制であるということが、結論としていうことができると思います。太陽光発電を導入することは、経済的なメリットを考えると、本質的に投資ということができるわけです。

【一般的な家庭での事例】

電気事業連合会の調べによると一世帯あたりの一ヶ月の電気消費量は、283.6kWh。 基本料金は、40Aで1,092円。1kWhあたり24円だとします。 そうすると、一世帯あたりの電気代の平均は、 283.6kWh × 24円 + 1,092円 =7,898円 7,898円 × 12ヶ月 = 94,776円/年間  となります。 仮に4kWの太陽光発電を設置して、年間4,400kWhの発電量があったとします。 【共働きで日中はほとんど家に人がいない家庭の場合】 発電した電力のうち80%を売電して、残りの20%を自家使用すると仮定 4,400kWh × 0.8 × 37円 = 130,240円/年  の収入を得られるということになります。 一方で、残りの自家使用分として、 4,400kW × 0.2 × 24円 = 21,120円/年  の節電効果を得ることができるということになります。 つまり、年間130,240円の売電収入を得ることができ、 通常だったら94,776円電気代がかかるところ、73,656円で済むということになります。 【日中家に誰かいる家庭のような場合】 発電した電力のうち20%を売電して、残りの80%を自家使用すると仮定 4,400kWh × 0.2 × 37円 = 32,560円/年  の収入を得られるということになります。 一方で、残りの自家使用分として、 4,400kW × 0.8 × 24円 = 84,480円/年  の節電効果を得ることができるということになります。 つまり、年間32,560円の売電収入を得ることができ、 通常だったら94,776円電気代がかかるところ、10,296円で済むということになります。

そういう観点で考えると、家族にライフスタイル、電力の使い方も重要になってきますね。 核家族・共働きなどで日中家庭に人がいないほど、売電収入は大きくなります。 また、逆に日中人が家にいる家庭などでは自家使用の割合が増えるため、今より電気代が 安くなっていくことになります。 あとは日照条件等個別に条件があるので、詳しくは、シミュレーションしてもらってください

もちろん、太陽光発電は日照量に大きな影響を受けるので、 ご自宅の環境によっては、そのデメリットが致命的になることもあります。

各家独自の条件についてもしっかりと検証した上で、目的に合致する場合は、 導入されることをオススメします

副業とはいえないけれど、太陽光発電はやはり非常によい収益源となる

世の中では、NISAという非課税で優遇措置の大きな投資が大いに流行していますが、太陽光発電は、NISAに登録しているさまざまな投資商品と比べて、利回りのよさ、リスクの小ささは群を抜いていることは間違いありません。なぜなら、国によって出口戦略が保証されているからです。唯一デメリット・リスクがあるとすれば、インフレが来た際に電力価格が、現行の20円程度/kWから40円以上に爆発的に上昇した場合に、買取価格の保証が逆に足かせになるということくらいです。また、設置してよい場所と悪い場所があるのも間違いないこと(適した場所と不適な場所があること)なので、まずはしっかりとした現地調査、見積もりを実施したうえで判断することをおすすめいたします

日本人の多くの方が、投資に対してネガティブなイメージを持っています。 一方で、西洋では投資というのは、資産運用の一部として非常に広く根付いており、幅広い層の方が、銀行にお金を寝かしておくよりは、とさまざまな投資をしています。日本でも近年では、不動産投資や、ファンド、FXや株式など、さまざまな投資商品が販売され、少なからず目を向ける人は多くなっていますが、それでもバブルなどで手痛い思いをして、さらに投資をすることに対してネガティブなイメージを持つようになった人も多くいます。しかし、企業活動はそもそも広義の投資ということができ、さらに多くの方が預ける銀行預金にしても、結局のところは、銀行が投資してリターンを得るという活動に転換されているのです。そう考えると資本主義経済自体が投資を本質とする経済体制であるということが、結論としていうことができると思います。太陽光発電を導入することは、経済的なメリットを考えると、本質的に投資ということができるわけです。

太陽光発電が儲かる理由

太陽光発電は、投資として考えた時には、日本で投資することができる対象として、 最も手堅く、リスクを犯すことなく、実践できる投資と言えます。 それは、なぜでしょうか? いくつかの理由があります。

太陽光発電によるリターンは、確実に収入として入ってくる。 国が全量買取制度として20年間固定金額で買い取ってくれる。 太陽光発電自体は、大手メーカーによる発電保証を受けられる。 家庭用であれば、売電しないまでも確実に節電することができる。 唯一気象条件に左右されるというリスクが想定されますが、長年の日射量の平均を取れば、月ごと年ごとには発電量は上下しますが、20年間という長い期間で考えたら、発電量の差は誤差程度と考えられる。

ただし、投資としてリターンを得るためには、以下の条件を満たす必要があります。

1.太陽光発電パネルを設置する場所を確保できること。
2.設置場所にしっかりとした発電量を確保するだけの日射量があること。
3.初期費用として幾ばくかのお金を投資することができるか、或いは、金融機関から融資を受けられるだけの信用余力があること

太陽光発電投資の2つのパターン

10kW以上の設備を導入して本格的に導入する。 10KW未満の設備を導入して通常の家庭用として導入する。

現地調査して、しっかりと発電量を確保できるとシミュレートできた場合は、10kW以上の設備を導入して損することはありません!なぜなら、国やメーカーからの保証があるからです。だから、大企業や自治体など資金が潤沢にあるところは、屋根や導入費用を借りてでも、太陽光発電事業に参入しているのです。

太陽光発電が投資としてリスクが少ないといえる理由

基本的に投資のリスクというのは、何かを考えると「投資した結果入ってくるお金」が、「投資した金額」を下回ることを言います。そうなると、太陽光発電の場合は、初期費用は太陽光発電システムの初期導入費用が、投資金額に当たります。一方で、リターンとして入ってくるお金は、産業用の場合売電収入、住宅用は節電利益と売電収入の合計になります。投資金額は、できるだけ安くすることが必要ですが、何よりも確実に想定される利益を得る必要があります。※初期費用を安くする方法については、最安値で太陽光発電を設置する方法をご参照ください。 想定される発電量を得るには、きちんとしたシミュレーションを得ること、売られることが大切になります。発電した電力の買取は政府が法律で保証しています。また、太陽光がしっかりとあたれば、シミュレーションどおり発電することは、メーカーが保証しています。そうなるとリスクとして考えられるのは、日射量が想定どおり降り注ぐかという点だけとなります。しかしそれも、基本的には一年一年だけ見れば、当然発電量は前後することになりますが、10年20年スパンで見れば、当然平準化して、多い年もあれば、少ない年もあるということになるため、実質的には損することがない、ということになります。ただし、きちんと事前に「得するシミュレーション」を得られていることが前提になります

太陽光発電が儲かる理由

陽光発電は、投資として考えた時には、 日本で投資することができる対象として、 最も手堅く、リスクを犯すことなく、実践できる投資と言えます。 それは、なぜでしょうか? いくつかの理由があります。

太陽光発電によるリターンは、確実に収入として入ってくる。

チェック国が全量買取制度として20年間固定金額で買い取ってくれる。

チェック太陽光発電自体は、大手メーカーによる発電保証を受けられる。

チェック家庭用であれば、売電しないまでも確実に節電することができる。

チェック唯一気象条件に左右されるというリスクが想定されますが、 長年の日射量の平均を取れば、月ごと年ごとには発電量は上下しますが、
20年間という長い期間で考えたら、発電量の差は誤差程度と考えられる。

ただし、投資としてリターンを得るためには、以下の条件があります。

太陽光発電パネルを設置する場所を確保できること。 設置場所にしっかりとした発電量を確保するだけの日射量があること。 初期費用として幾ばくかのお金を投資することができるか、 或いは、金融機関から融資を受けられるだけの信用余力があること。

現地調査して、しっかりと発電量を確保できるとシミュレートできた場合は、 10kW以上の設備を導入して損することはありません! なぜなら、国やメーカーからの保証があるからです。 だから、大企業や自治体など資金が潤沢にあるところは、 屋根や導入費用を借りてでも、太陽光発電事業に参入しているのです

太陽光発電のメリット・経済性

太陽光発電(ソーラー・太陽発電)のメリットの一番目は、なんといっても経済性と言えるでしょう。 端的に表現するなら当サイトの主旨でもある、採算性ということが言えると思う。 太陽光発電は、太陽光を受けることで、何の資源も消費することなく、 お金をかけることなく、勝手に電力を作り出してくれます。 つまり、ある面でいうと不労所得なわけです。 そして、その出来上がった電力をまず自宅で消費して、余った分は、電力会社に買い取ってもらえます。

チェックワンポイント!

太陽光パネルだけでは、発電した電力は蓄えることができません。
日中発電した分については(基本的に使用量は少ないはず)、使用しきれなかった分は、
1kwhあたり37円で買い取ってもらえます。(2014年度導入したら向こう10年間保証)
(10kW以上の規模だと32円税別で20年間)
一方で、夜発電しない間は、電力事業者から購入します。
1kwhあたり12〜37円で購入するわけです。
つまり、電気を売るものと、買うものとは、別々に計算されるわけです。
売る方が買う方より、金額が高いんですから、こんなに素敵なことはありません!

ということで、まず得られるメリットのは次の2点
1.電気代が下がります。
2.売電により、臨時収入を得ることができます。

、今では、同発電規模でおおよそ100万円程度で導入できるようになっています。 さらに地方自治体によっては独自の補助金を設定しているところもあります。 ※国からの導入時の補助金=太陽光発電導入支援補助金は、2013年度をもって打ち切りになりました。 しかし、2012年度に補助金をもらって導入するよりも2014年度以降に補助金もらわずに導入するほうが安価に導入できるくらいの価格相場にまで太陽光発電は下落しています。

pp